ビジネス

カテゴリ「ビジネス」の記事一覧

これまでの球界

従来の野球界のビジネス観点から言うと、新しい監督はオーナーに直訴し、強い球団を作るには、新しい戦力を補強しなければならない!

また、強くなればファンがついてくる、というのが常道でした。

楽天の新監督、田尾監督も従来の路線で行こうとしましたが、オーナーのビジネス思考から、現状の戦力で戦えと言われた様に感じます。

まあ。普通そうですよね。

あなたも仕事を最初覚える時は、従来の仕事の仕方になぞって行うと思います。

でも、上司がまったく別の畑から来て、従来の方法ではダメだと言われてもね〜。

田尾監督は上司の意向を最初は素直に受け入れました。

だけど、受け入れてさらに結果を求められるとかなりきついのは予想に難しくないと思います。

だからこそ、田尾監督が去るときに東北のファンは、田尾監督辞めないでとエールを送ったと思います。

あなたならどっちを選択しますか?

最初から上司に対して、その考え方では無理ですといいますか?

それとも、ハイ分かりましたと言って、上司のやり方を素直に受け入れますか?

一番納得できるのは、自分自身の選択した道を進む事だと思います。

なぜなら、未来の事なんて人間が予想できることではないから!

また、自分のやりたい事をした場合結果がどうであれ納得できるから、己の道を進んだ方が後悔しないと思いませんか?

今回は球界の常道についてお送りしました。

田尾監督

楽天の初代監督はご存知田尾監督でした。

田尾監督の采配が悪いために最下位になったのでしょうか?

否!

私が思うに、考え方の違いが最大の原因だったと思います。
長年プロ野球に浸っていた田尾監督と長年ビジネスの中に浸っていた三木谷オーナー。

方や成績だけでなく夢を売るという数字に表れにくい物を売っていた田尾監督。

方やシビアなビジネスの世界で、常に数字を意識してきたオーナー。

その両者の感覚の違いこそが楽天最大の問題だったのではないでしょうか?

あなたはどう思いますか?

どちらが正しいと言うわけではなく、畑がまったく違った為に起こった結果だと思います。

その溝を埋めていくためにはどうしたらいいのでしょうか?

あなたならどうしますか?

もちろんプロ野球を発達させていくにはお互いの歩み寄りが必要なのは言うまでもありません。


続きは次回!

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。